艶つや習慣がイボ対策に選ばれる訳は?

いつの間にか出来てしまっているイボ。
普段、イボ予防を徹底的にやっている方はどれだけいらっしゃるでしょうか?

イボってその名前の響きもイヤですし、見た目もお世辞にもキレイとは言えませんよね。
そんなイボは早く治したい、と思っている方がほとんど。
ここからはイボについてお話していきたいと思います。

イボと一言と言いましても、イボには種類があります。

・尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)
指や膝、肘に出る一般的なイボ。

・足底疣贅(そくていゆうぜい)
足の裏に出来るイボ。
ウィルスでかかる場合が多い。

・老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)
加齢と共に増加するイボ。

・伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)
いわゆる水イボ。
ウィルスによる接触感染により出来る。

・扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)
青年期に顔や手の甲に出来るイボ。
中年以降は発症しない。

・尖圭コンジローム
性器にできるイボの一種。

これだけのイボの種類があるのです。
それでも、たかがイボと放っておく方もいらっしゃいますが、やはり、イボが大きくなったり、イボの数が増えたりするので、出来れば早めの対策が必要になります。

そんな厄介者のイボの治し方としては、病院でレーザー治療や液体窒素治療などがあります。
病院に行けば確実ですが、実際問題、金銭的負担、通院の負担などがあり、なかなか病院まで行けない、という人もいらっしゃるようです。

それなら、自宅で自分でイボを治すのはどうでしょうか?
自宅でイボを治すとしたら、どのような方法があるのか。

代表的なのはヨクイニンという古くからイボ治療に用いられてきた内服薬があります。
その他と言いますと、やはり自分で角質ケアをすることなのですが、そうは言っても何がいいのか分かりませんよね。

そこで、お勧めしたいのが新しいカタチのイボケア。
艶つや習慣というオールインワンジェルです!
艶つや習慣はあんずエキスとハトムギエキスのWパワーでイボに特化します。

あんずエキスとは、ターンオーバーを助ける脂肪酸のパルミトレイン酸配合したお肌を滑らかにしてくれるもの。
ハトムギエキスとは、硬くなった角質、代謝の低下でザラザラになった肌をケアしてくれる、保湿効果の高いアミノ酸も豊富に含んでいるものです。

このあんずエキスとハトムギエキスのWエースが、一気にイボケアのハードルを下げたと言っても過言ではありません。

ここまででまだちょっと出自していないのが、どこの部位に出来るイボでも、艶つや習慣は大丈夫なのか?
という点かと思います。

イボって、手や膝、肘、足の裏、顔、首元、目元、胸元、と場所を選ばずに出来てしまいますよね。
市販のお薬の中には顔や目元に使えないものもあります。
しかし、艶つや習慣は場所を選ばず、どの部位にでもお使いいただけるオールマイティーなオールインワンジェルとなっているのです。

ヨクイニンを服用することでは、長期間を覚悟しなくてはなりません。
艶つや習慣もすぐに効果が出る訳ではないのですが、使っていくうちにイボケアをしてくれている実感が持てると思います。

艶つや習慣からイボケアを始めてみてはいかがでしょうか?